あじこじTOPへ
お買物厳選リンク あじこじTOPへ 県TOPへ
K-00257-N0022
 はらほげ地蔵 (長崎県壱岐市芦辺町)    site up 2005/02/25
はらほげ地蔵1
お地蔵さんが海に浸かっているっ!?

ここは長崎県の壱岐【いき】、玄海灘に浮かぶ九州で8番目の大きさを持つ離島だ(総面積138.45k屐本土と橋などで繋がっているものを除く)

このお地蔵様たちは壱岐でもメジャーな観光スポットの1つ。
島の魅力は何と言ってもより多く残された自然であり、特に猿岩や鬼の足跡などに代表されるところであろうが、 なかでこのお地蔵様たちもメジャーなのは、その特異な状態とちょっぴりユニークな名前を持つところからではないだろうか。

その名も「はらほげ地蔵ぉぉぉ〜」って、少し大げさですかね・・・、笑。

名の通り“お腹に穴がほげている”そうである。(編集注:「ほげる」とは「穴があく」の意味)

お地蔵様の胸のところに穴が開いているらしく(前掛けがあるので一見しても分からないが)、その理由は海の干満により身体の半分ほど海水に浸かるため、お供えものが流されないようにしたものではないかと言われている。

お地蔵様は6体あり、六道(仏教において、この世に生を受けたもの全てが善悪の因果によって転生する「地獄界」「餓鬼界」「畜生界」「修羅界」「人間界」「天界」の六界を指す)における苦しみや悩みから救うのだという。
はらほげ地蔵2

【 現地案内文 】

胸のところに丸い穴があるので、はらほげ地蔵と呼ばれている。
干潮時には浜に下りて拝むが満潮になると、頭上まで かくれるので胸の穴をあけて、供物をあげたものであろう。
此の地蔵は何時だれが、何のために祀ったか、明らかではないが、遭難した海女の冥福のため、又捕獲した鯨の慰霊のため、あるいは疫病退散祈願のためとも伝えられている。
春秋彼岸明けと旧盆の十五日には各戸参詣し、又旧十月二十四日には浦中行事として供養が行われ浦中安泰海上安全大漁満足の祈願がされる。海中を好まれると言ふので、八幡漁港整備に当って現在地まで移動が行われた。

はらほげ地蔵3 はらほげ地蔵4 はらほげ地蔵5
八幡漁港脇にこんな感じで 赤い前掛け、かわいいですね 程近い壱岐名勝地・左京鼻
 関連リンク  壱岐市ホームページ    
   

地図はこちらから⇒  Mapfan地図へ がおおよその位置になります。
お買物厳選リンク あじこじTOPへ 県TOPへ
K-00257-N0022
九州の情報はここでチェック!   あじこじ九州TOPへ