あじこじTOPへ
お買物厳選リンク あじこじTOPへ 地方エリアページへ
K-00328-N0030
 聖フランシスコ・ザビエル記念教会  (長崎県平戸市)    site up 2010/02/11
聖フランシスコ・ザビエル記念教会1
1549年8月、日本に初めてキリスト教を伝えたフランシスコ・デ・ザビエル
最初に上陸した鹿児島から、ここ平戸をザビエルが訪れたのは翌年1550年8月のことであった。
ザビエルは僅か2年余りの日本での布教の間に、ここ平戸を3度も訪れており、この地に特別な思いがあったであろうことが窺い知れる。

聖フランシスコ・ザビエル記念教会、 平戸の市街地を見下ろす丘の上に建ち、教会には珍しいモスグリーンの外壁に複数の白い小尖塔が天へと向うような印象の美しい教会は訪れる人々を魅了する。

昭和6年(1931)に竣工しており、教会堂の脇には献堂40年にあたる昭和46年(1971)に「ザビエル記念像」が建立された。その際に教会も「カトリック平戸教会」から「聖フランシスコ・ザビエル記念聖堂」へと改名された。(その後、平成16年(2004)に〜記念教会と改めらた)
聖フランシスコ・ザビエル記念教会2 聖フランシスコ・ザビエル記念教会3 聖フランシスコ・ザビエル記念教会4
聖フランシスコ・ザビエル記念教会5 聖フランシスコ・ザビエル記念教会6 聖フランシスコ・ザビエル記念教会7
1971年7月18日に建立された 聖フランシスコ・ザビエル記念像 ザビエル記念像は教会のすぐ脇にある
内部は入口付近からのみ拝観することが出来る。独特な外観だけでなく内装も大変美しい。
構造は鉄筋コンクリート造。三廊式で真白な漆喰仕上げのリブ・ヴォールト(コウモリ天井)と真紅の絨毯のコントラストが印象的である。整然とし静寂な空間が包み込む雰囲気に神聖さが伝わってくるようである。

外部、建物の上層側壁にはフライング・バットレス「飛梁【とびばり】」という梁が見られるのも特徴の1つである。

そのほか、教会敷地内には「平戸殉教者顕彰慰霊之碑」が建立されている。碑の案内板には、日本人最初の神父・セバスチャン木村のほかキリスト教・カトリックにおいて「聖人」に次ぐ「福者」の称号が与えられた平戸出身の日本人キリシタンが多いと記されている。
聖フランシスコ・ザビエル記念教会8
聖フランシスコ・ザビエル記念教会9 聖フランシスコ・ザビエル記念教会10 聖フランシスコ・ザビエル記念教会11


また、平戸を代表する風景として知られる「寺院と教会の見える風景」では、瓦葺の寺院の向うにそびえるザビエル教会の尖塔が独特の風景を造り出している。

教会の駐車場は整備されているが、観光用として開放されている平戸港に面した「平戸港交流広場」の駐車場から平戸の異国情緒のある街並みを楽しみつつ、「寺院と教会の見える風景」の路地坂を登って訪れる散策コース(注:健脚向き)がお勧め。
 交通アクセス(公共交通) 西肥バス「平戸桟橋バス停」下車、徒歩12分。JR佐世保駅からバスで約90分。
 関連リンク 平戸観光協会ホームページ 平戸市観光商工課ホームページ

   
地図はこちらから⇒  Mapfan地図へ がおおよその位置になります。
お買物厳選リンク あじこじTOPへ 地方エリアページへ
K-00328-N0030
九州の情報はここでチェック!   あじこじ九州TOPへ