あじこじTOPへ
お買物厳選リンク あじこじTOPへ 県TOPへ 地方エリアページへ エリアページへ
K-00019-F0019
 長田鉱泉場
レトロな建物といった趣を持つ長田鉱泉場は、新船小屋温泉郷にあり、炭酸含有量日本一と言われています。
長田鉱泉には、二つの言い伝えが残っています。一つは江戸時代末期(1846年)に勤皇志士であった中田多一郎が飲み、持病の胃腸炎治ったのがはじまりという説。もう一つは1867年地中より噴出する水を木本正蔵という人が旧藩に願い出て入湯場を設けたという説。どちらが正しいかは明らかではありませんが、瀬高町に伝わる長田鉱泉場が、人々に愛用されているのは言うまでもありません。

利用料は10円。ペットボトルで持ち帰る人が多いそうです。
コップが置いてありましたので、私も一口。
硫黄の香りがして、なかなか温泉水を飲んでいると実感できます。

泉質は単純二酸化炭素冷鉱泉で、入浴すると口イマチス、関節炎に特効があり、飲用にすると慢性消化器炎、慢性便秘に効果があるとのことです。
 関連リンク 瀬高町ホームページ  
   

地図はこちらから⇒  Mapfan地図へ がおおよその位置になります。
お買物厳選リンク あじこじTOPへ 県TOPへ 地方エリアページへ エリアページへ
K-00019-F0019
九州の情報はここでチェック!   あじこじ九州TOPへ